投資競馬 必勝法

回収率を向上させる投資競馬の理論と実践

WIN5をプロ馬券予想家が買わない理由

3連単登場時、余りの確率の低さから誰もが購入しないと思われていたが、実際には今では競馬の主流となっている。
それを鑑みるまでもなく、WIN5もまた配当金の高さから知名度が高まっているタイプの馬券だ。

しかしこの5重勝単勝式馬券、WIN5を競馬で生計を立てているプロの予想屋は買わない。
オッズが公表されないというのも避けるポイントだが、それは単勝のオッズからはある程度予想は可能だ。

それよりも、買わない明確な理由がある。
当たる確率が低い。
5レース全てが18頭出馬すると、その確率は約189万分の1。
3連単が当たり難いと言われているが、同じく18頭立てで4896分の1である。3連単の比ではないというのが分かる。

それともう一つ大きな理由として、レースを選べないというのがある。
JRA側で指定する5レースである。自分で選ぶ5レースではない。
馬券を当てていく人は、レースを選別する目を持っている。自分の予想が及ばないレースは避ける。
しかし、WIN5ではそれが通用しないのだ。
強制的に5レースを選ばれ、それを全て当てなければならない。
単勝を5レース当てるのと一見同じ難易度であるが、
選べる選べないの差は大きい。競馬に精通している人ならこの違いが埋められない程の難易度を生んでいるというのが分かるだろう。

WIN5のメリットとしては、機械が勝手に組み合わせをランダムで選ぶ馬券購入方法があるという点だ。
初心者への間口を広げるという意味では、このランダム購入は英断であろう。
自分で馬を選べないデメリットよりも、馬券の買い方が分からない不安を打ち消すメリットがある。

ここまで来ると宝くじ的な運任せの馬券になるが、初心者にしてみればそのほうが分かりやすくてよいかも知れない。
それに、どんな理由であれ初心者の参入が増えゼロサムゲームで奪い合うパイの総量も増えれば、中級者以上にとってもありがたい流れになる。
しかし、そんなWIN5のメリットも、初心者獲得には一歩及んでいない印象だ。
いっそ宝くじ売り場でも気軽にWIN5馬券を購入できるような改革を施してはどうだろうか。

うまコラボ